Written by eZ Japan

 英語版のeZ BLOGの記事で、日本語訳されていない記事の一覧です。英文記事にリンクが貼られています。「この記事を訳してほしい!」というリクエストがあれば、他の記事に優先して翻訳作業を進めます。

eZによる編集者のユーザーエクスペリエンスの向上! その理由は以下の通り:
2015年7月2日
 eZは編集者のエクスペリエンスを向上させています! なぜでしょうか? eZ社のユーザーエクスペリエンス専門家であるJince Kuruvillaが、eZの顧客やパートナーの声を説明してくれます。ユーザー調査の結果を公開し、最新のeZショーからサウンドバイトを抜粋し、Eileen Webb氏がユーザーエクスペリエンスデザイナーに激励の言葉をかけます。

Kaliop社最高技術責任者のGilles Guirand氏が、eZの顧客のSymfonyに対する評価を説明
2015年7月6日
 Kaliop社の最高技術責任者であるGilles Guirand氏は、eZ Publishの顧客がどうやってSymfonyに切り替えようとしているかを説明します。

Sujan Patel氏が挙げるコンテンツの販売と投資利益率を伸ばす7つの効果的な方法
2015年7月7日
 企業にとってコンテンツビジネスが成功する領域やオンラインユーザーとの関わり方は投資利益率に直接影響します。マーケティングの第一人者であるSujan Patel氏が、その関わり方を改善する7つの秘訣を紹介します。

eZチームが考える有効かつ示唆に富んだ6つのニュースレター
2015年7月13日
 自社のニュースレターのヒントを必要としているか、eZチームの考えを垣間見たいとお考えならお誂えの投稿を紹介します。

eZカンファレンス 第1部:講演者と講演内容を発表
2015年7月15日
 eZコンテンツ・テクノロジー・カンファレンスはもう間もなくですが、講演者の第一弾の顔ぶれを発表しました。

分離・統合されたコンテンツ管理システムが必要な理由
2015年7月16日
 それほど一般的ではありませんが、分離、統合されたコンテンツ管理システムはたいていのアクセスの多い企業にとって有効なソリューションです。以下でそのことが当てはまる理由を詳述します。

コンテンツマーケティングの効果を測定する方法
2015年7月21日
 マーケティング戦略を見直せば収益は改善します。この6つの人気ブランドは自社のマーケティングを見直すのに採用した戦略(効果の測定法と自社の取組みの売上増加への影響度)を共有しています。

コンテンツマーケティングと製品戦略を同列に扱うべき理由
2015年7月23日
 優れた製品(Uber, Google, Twitter)は、人間の衝動を理解し、 技術を使って人々の目標達成を容易にします。re\VISION講演者のJay Acunzo氏は技術分野でその革新モデルを採用し、それをコンテンツマーケティングに応用して、コンテンツを使って問題を解決する方法と事業の強化にそれが不可欠な理由を説明します。

eZカンファレンス・テクノロジー・ワークショップに期待すべきこと
2015年7月28日
 今日は、eZカンファレンスがeZ社で技術に精通した人間に何をもたらすかについてお話しします。技術部門のバイスプレジデントであるAndré Rømcke氏にテクニカル・ワークショップのテーマについていくつか質問しました。また、一部の特定ワークショップのテーマについては事前にお知らせしました。

既にSymfonyを使っているのにeZを検討する理由
2015年7月29日
 eZ社で製品とマーケティングの最高責任者を務めるRoland氏は、eZの採用理由について、たとえコンテンツ管理システムとしてSymfonyを使っていてもeZは自分の会社に付加価値をもたらすと説明しています。

準備中: eZカンファレンスの基調講演者は未定
2015年7月30日
 eZカンファレンスの基調講演者は未定ですが、素晴らしいプランを用意しています。

偉大なソフトウェア技術者も賞賛するeZ社生まれのアプリ
2015年7月30日
 eZ社では、大半の社員がeZ PublishとeZプラットフォームに強い愛着を持っており、自分自身の革新的なプロジェクトに取組み続ける時間を何とか確保しています。eZ Systems社のデジタルエクスペリエンスマネージャーのSylvain Guittard氏は、 Agrispot社の友人とeZ Publishを使ってChéri Blossomという名のアプリを開発しました。このアプリは天候データを使って日本の桜の開花時期を動的に予測します。

Load Comments
loading...